EFL Club 校長 ローラのコラム

設立者で校長である私ローラが、子供が英語を習得する道のりなどを書いていきますのでぜひお読みください!

2016-01-08から1日間の記事一覧

JALT(全国語学教育学会)プレゼンテーション報告

11月21日(土)に静岡で小学生対象の読み書きプログラムに関しての講演を行いました。 会場では私の他にも大学教授などによる講演が多数行われていましたが、その中で私の講演では26名の全国の英会話スクールのオーナーや先生方、大学教授の方々が参加…

流暢さの促進<読み・書き>

もちろん、聞き話し以外にも読み書きの流暢さを身につけることはとても重要です。早く読めたり書けると、小説、海外の漫画、インターネットなど、英語が一層楽しくなりますし、レッスン以外の時でも英語に触れることができます。また、将来のキャリアにも大…

流暢さの促進<聞き・話し>

単語や文法などをしっかり学ぶ必要があると述べましたが、4スキル(聞き・話し・読み・書き)における流暢さを身につけることもとても大切です。 一般的に英語の単語と文型をたくさん勉強した後に流暢さを高めるという順番になっていますが、せっかく習った…

言語学習

「中学高校で6年間英語を習ったのに英語が話せない」や「ネーティブスピーカーにずっと教えてもらっているけど、大人の世界に通用できる英語を覚えていないし、もうすぐ中学校で英語の成績も心配」といった意見をよく聞きます。もちろん、生徒さんの能力や…

アメリカン・ イングリッシュ? ブリティッシュ・ イングリッシュ?

英語を習うならアメリカンイングリッシュがいいという方が時々いますが、そこまで気にする必要はありません。アメリカンイングリッシュの元となるのがブリティッシュイングリッシュなので、文法はほぼ同じです。アメリカンイングリッシュとブリティッシュイ…

「私と日本語」ステージ3

オーストラリアで次女が生まれて、4ヶ月間は家族4人で幸せに過ごしましたが、突然次女がけいれんを起こし初めました。病院で脳波、MRI、PETスキャンなど色々検査をした結果、ウェスト症候群だと診断されました。日本でレーザーによる脳の手術を行っている…

「私と日本語」ステージ2

叔父が名古屋にある会社と取引をしていましたので、その社長の家でホームスティをすることになりました。ホームスティの家族は社長、奥さん、私と同年齢の娘さんとおばあちゃんの4人と犬2匹でした(残念ながらその一匹もローラと呼ばれていた)。皆さんは…

「私と日本語」ステージ1

7年生(中学校1年生に当たる)から日本語を学校で習い始めました。当時オーストラリアの学生は、フランス語、ドイツ語など、ヨーロッパの言語を勉強していましたが、私の学校は先頭を切って日本語をカリキュラムに取り入れました。7年生の時は日本語とフ…